Improvisationのためのアイデア

数字を使ったシステムとは

C,Dなどの音程名を使用するかわり、1、b3などの数字を使用して表記する。
例えばCM7のコードを表わすとき、

1-3-5-7
と標記する。これはDM7であってもEM7であっても同じである。
またCm7のコードは下記の様に表わす。
1-b3-5-b7
いくつかの例:
テンションコードの場合、C7(#11)
1-3-5-b7-#11
等で表わす。
また、展開形やテンション音が内声に有る場合は
C7第一転回系

3-5-b7-1
C9(ナインスが内声に有る場合)
1-9-3-5-b7 あるいは 1-2-3-5-b7
ボイシングをこのシステムを使用すると、
b3-5-b7-9 (Dm9ルートなしのAフォーム)
b7-9-b3-5 (Dm9ルートなしのBフォーム)
スケールにも使用できる。
メジャースケールは
1-2-3-4-5-6-7-1
メロディックマイナースケールは
1-2-b3-4-5-6-7-1
リディアンスケールは
1-2-3-#4-5-6-7-1
等で表わす。
1 b2,#1,b9 2,9 b3,#2,#9 3 4,11 #4,b5,#11 5 b6,#5,b13 6,13 b7,#6 7
C C C# D Eb E F F# G Ab A Bb B
C#,(Db) C# D Eb E F F# G Ab A Bb B C
D D Eb E F F# G Ab A Bb B C C#
Eb,(D#) Eb E F F# G Ab A Bb B C C# D
E E F F# G Ab A Bb B C C# D Eb
F F F# G Ab A Bb B C Db D Eb E
F#,(Gb) F# G Ab A Bb B C C# D Eb E F
G G Ab A Bb B C C# D Eb E F F#
Ab,(G#) Ab A Bb B C Db D Eb E F F# G
A A Bb B C C# D Eb E F F# G Ab
Bb,(A#) Bb B C C# D Eb E F F# G Ab A
B B C C# D Eb E F F# G Ab A Bb
例えば、C、D、E、Fと4つのノートがある。
これを全ての順列でならびかえると、下記のような24個のフレーズができあがる。

C、D、E、F-- C、D、F、E-- C、E、D、F-- C、E、F、D-- C、F、D、E-- C、F、E、D

D、C、E、F-- D、C、F、E-- D、E、C、F-- D、E、F、C-- D、F、C、E-- D、F、E、C

E、C、D、F-- E、C、F、D-- E、D、C、F-- E、D、F、C-- E、F、C、D-- E、D、F、C

F、C、D、E-- F、C、E、D-- F、D、C、E-- F、D、E、C-- F、E、C、D-- F、E、D、C

いろいろな4つの音を選んで、この様に順番を変えて弾いみる。

例えばコード構成音、スケールの一部等

オクターブ内4つの音の取り方は下記の165通りの組み合わせが存在する。(最低音をCとして考える)
これら全ての順番を並びかえると、165×24=3960通りのフレーズができあがる。
(最低音を変えるとさらに12倍に増える。)

半音または長7度が3つある組み合わせ

C、C#、D、Eb-C、C#、D、B- C、C#、Bb、B-C、A、Bb、B

半音または長7度が2つある組み合わせ

C、C#、D、E-C、C#、D、F- C、C#、D、F#-C、C#、D、G

C、C#、D、Ab-C、C#、D、A-C、C#、D、Bb

C、C#、Eb、B-C、C#、E、B- C、C#、F、B-C、C#、F#、B

C、C#、G、B-C、C#、Ab、B- C、C#、A、B

C、C#、Eb、E-C、C#、E、F- C、C#、F、F#-C、C#、F#、G

C、C#、G、Ab-C、C#、Ab、A- C、C#、A、Bb

C、D、Eb、B-C、Eb、E、B- C、E、F、B-C、F、F#、B

C、F#、G、B-C、F#、G、B- C、G、Ab、B-C、Ab、A、B

C、D、Eb、E-C、Eb、E、F- C、E、F、F#-C、F、F#、G

C、F#、G、Ab-C、G、Ab、A C、Ab、A、Bb-

C、D、Bb、B-C、Eb、Bb、B- C、E、Bb、B-C、F、Bb、B

C、F#、Bb、B- C、G、Bb、B-C、Ab、Bb、B

半音または長7度が1つある組み合わせ

C、C#、Eb、F-C、C#、Eb、F#-C、C#、Eb、G C、C#、Eb、Ab-C、C#、Eb、A

C、C#、Eb、Bb- C、C#、E、F#-C、C#、E、G

C、C#、E、Ab-C、C#、E、A-C、C#、E、Bb

C、C#、F、G-C、C#、F、Ab-C、C#、F、A C、C#、F、Bb-

C、C#、F#、Ab-C、C#、F#、A C、C#、F#、Bb-

C、C#、G、A-C、C#、G、Bb

C、C#、Ab、Bb-

C、D、Eb、F-C、D、Eb、F# C、D、Eb、G-C、D、Eb、Ab

C、D、Eb、A-C、D、Eb、Bb- C、D、E、F-C、D、F、F#

C、D、F#、G-C、D、G、Ab- C、D、Ab、A-C、D、A、Bb-

C、Eb、E、F# C、Eb、E、G-C、Eb、E、Ab

C、Eb、E、A-C、Eb、E、Bb

C、Eb、F、F#-C、Eb、F#、G C、Eb、G、Ab-C、Eb、Ab、A

C、Eb、A、Bb-

C、E、F、G-C、E、F、Ab- C、E、F、A-C、E、F、Bb

C、E、F#、G-C、E、G、Ab- C、E、Ab、A-C、E、A、Bb

C、F、F#、Ab-C、F、F#、A- C、F、F#、Bb

C、F、G、Ab-C、F、Ab、A- C、F、A、Bb-

C、F#、G、A-C、F#、G、Bb

C、F#、Ab、A-C、F#、A、Bb

C、G、Ab、BbC、G、A、Bb

C、D、E、B-C、D、F、B- C、D、F#、B-C、D、G、B

C、D、Ab、B-C、D、A、B

C、Eb、F、B-C、Eb、F#、B- C、Eb、G、B-C、Eb、Ab、B

C、Eb、A、B

C、E、F#、B-C、E、G、B- C、E、Ab、B- C、E、A、B

C、F、G、B- C、F、Ab、B-C、F、A、B

C、F#、Ab、B-C、F#、A、B C、G、A、B-



半音または長7度が1つもない組み合わせ

C、D、E、F#

C、D、E、G-C、D、E、Ab-C、D、E、A C、D、E、Bb-

C、D、F、G-C、D、F、Ab C、D、F、A-C、D、F、Bb

C、D、F#、Ab C、D、F#、A-C、D、F#、Bb

C、D、G、A C、D、G、Bb-

C、D、Ab、Bb-

C、Eb、F、G

C、Eb、F、Ab-C、Eb、F、A-C、Eb、F、Bb

C、Eb、F#、Ab-C、Eb、F#、A-C、Eb、F#、Bb

C、Eb、G、A-C、Eb、G、Bb- C、Eb、Ab、Bb

C、E、F#、Ab- C、E、F#、A-C、E、F#、Bb-

C、E、G、A-C、E、G、Bb- C、E、Ab、Bb-

C、F、G、A-C、F、G、Bb- C、F、Ab、Bb

C、F#、Ab、Bb

3つの音から4音フレーズを考えた場合、必ず同じ音が2回繰り返すが、同じ音は連続させないと18通りの組み合わせができる
C,D,Eの3音だけ考えると

C、D、E、D-- C、D、E、C-- C、D、C、E

C、E、D、C-- C、E、D、E-- C、E、C、D

D、C、E、D-- D、C、E、C-- D、C、D、E

D、E、C、D-- D、E、C、E-- D、E、D、C

E、C、D、E-- E、C、D、C-- E、C、E、D

E、D、C、D-- E、D、C、E-- E、D、E、C

3音スケール:55種類
4音スケール:165種類
5音スケール:330種類
6音スケール:462種類
7音スケール:462種類
8音スケール:330種類
9音スケール:165種類
10音スケール:55種類
11音スケール:11種類
12音スケール:1種類
total:2036種類
と沢山のスケールが考えられる。(これらはルートを同一とした場合で、ルートを変えるとさらに12倍になる。)

5音スケール

スケール内の隣のノートが音程差短3度以下と言う条件で5音スケールを作る。

いわゆるペンタトニック

C, D, E, G, A, C C, D, F, G, A, C C, D, F, G, Bb, C C, Eb, F, G, Bb, C C, Eb, F, Ab, Bb, C

ディミニッシュコード+アルファー

C, C#, Eb, F#, A, C C, D, Eb, F#, A, C C, Eb, E, F#, A, C C, Eb, F, F#, A, C

C, Eb, F#, G, A, C C, Eb, F#, Ab, A, C C, Eb, F#, A, Bb, C C, Eb, F#, A, B, C

C, C#, E, G, Bb, C C, D, F, Ab, B, C

9th

C, D, E, G, Bb, C C, Eb, F, G, A, C C, D, E, F#, A, C C, Eb, F#, Ab, Bb, C C, D, F, Ab, Bb, C

#9th

C, Eb, E, G, Bb, C C, Eb, F, Ab, A, C C, Eb, F#, Ab, B, C C, D, F, F#, A, C C, C#, E, G, A, C

m7#4

C, Eb, F#, G, Bb, C C, Eb, E, G, A, C C, C#, E, F#, A, C C, Eb, F, Ab, B, C C, D, F, Ab, A, C

5音スケールは、音程差を長三度まで広げると、125個のスケールが拡張される。

6音スケール

7音スケール

7音スケールは462種類考えられるが、7音スケールは展開形は必ず異なるスケールになり(素数であり12で割り切れない数のスケール)
必ず1つのスケールに対して7つのモードを作ることになる。66種類の元スケールと各7個のモードで462種類のスケールが作成される。
66種類のうち、半音と全音からなるスケールは3種類である。
C, D, E, F,G,A,B, Cメジャースケール

C, D, Eb, F,G,A,B, Cメロディックマイナー系のスケール

C, D, E, F#,G#,A#,B, Cホールトーンスケールに1音加わったもの

短3度が1つのスケールは20種類
C, D, Eb, F,G,Ab,B, Cメロディックマイナー系のスケール

長3度が1つのスケールは15種類
4度が1つのスケールは6種類
増4度が1つのスケールは1種類
短3度が2つのスケールは15種類
短3度と長3度が1つづつのスケールは6種類

8音スケール

9音スケール

10音スケール

11音スケール