ペンタトニックスケールに関していろいろ

ペンタトニックフレーズを考える

3音フレーズ。

ペンタトニックスケールの3音をそれぞれのインターバルをもとにフレーズを作成する。インターバルは下記の様に上下3種考える。

U1(up1):ペンタトニックスケール上の1つ上のノート

U2(up2):ペンタトニックスケール上の2つ上のノート

U3(up3):ペンタトニックスケール上の3つ上のノート

D1(down1):ペンタトニックスケール上の1つ上のノート

D2(down2):ペンタトニックスケール上の2つ上のノート

D3(down3):ペンタトニックスケール上の3つ上のノート

これらを組み合わせると、下記の36種類のフレーズが出来る。
(括弧ないはCメジャーペンタニックでCを基準とした場合の例)
(-A等ノートの前にマイナスがついているのはオクターブ下という意味、 同様に+はオクターブ上,-2Aは2オクターブ下)


U1,U1 (C,D,E)-- U1,U2 (C,D,G)-- U1,U3 (C,D,A)-- U1,D1 (C,D,C)-- U1,D2 (C,D,-A)-- U1,D3 (C,D,-G)

U2,U1 (C,E,G)-- U2,U2 (C,E,A)-- U2,U3 (C,E,+C)-- U2,D1 (C,E,D)-- U2,D2 (C,E,C)-- U2,D3 (C,E,-A)

U3,U1 (C,G,A)-- U3,U2 (C,G,+C)-- U3,U3 (C,G,+D)-- U3,D1 (C,G,E)-- U3,D2 (C,G,D)-- U3,D3 (C,G,C)

D1,U1 (C,-A,C)-- D1,U2 (C,-A,D)-- D1,U3 (C,-A,E)-- D1,D1 (C,-A,-G)-- D1,D2 (C,-A,-E)-- D1,D3 (C,-A,-D)

D2,U1 (C,-G,-A)-- D2,U2 (C,-G,C)-- D2,U3 (C,-G,D)-- D2,D1 (C,-G,-E)-- D2,D2 (C,-G,-D)-- D2,D3 (C,-G,-C)

D2,U1 (C,-E,-G)-- D2,U2 (C,-E,-A)-- D2,U3 (C,-E,-C)-- D2,D1 (C,-E,-D)-- D2,D2 (C,-E,-C)-- D2,D3 (C,-E,-2A)

例えばU2,D1では、Cのノートに対するCペンタトニックスケールの2つ上(U2)のE, Eに対する一つした(D1)のDで、C,E,Dというフレーズが出来上がる
これをCからスタートさせるだけではなく、D,E,G,Aからも始める。

4音フレーズ。

これを4音フレーズに拡張すると、216通りの組み合わせができるが、D2,U2を省くと64通りの組合わせとなる。

最初がU1
U1,U1,U1(C,D,E,G)-- U1,U1,U2 (C,D,E,A)-- U1,U1,D1 (C,D,E,D)-- U1,U1,D2 (C,D,E,C)

U1,U2,U1(C,D,G,A)-- U1,U2,U2 (C,D,G,+C)-- U1,U2,D1 (C,D,G,E)-- U1,U2,D2 (C,D,G,D)

U1,D1,U1(C,D,C,D)-- U1,D1,U2 (C,D,C,E)-- U1,D1,D1 (C,D,C,-A)-- U1,D1,D2 (C,D,C,-G)

U1,D2,U1(C,D,-A,C)-- U1,D2,U2 (C,D,-A,D)-- U1,D2,D1 (C,D,-A,-G)-- U1,D2,D2 (C,D,-A,-E)


最初がU2
U2,U1,U1(C,E,G,A)-- U2,U1,U2 (C,E,G,+C)-- U2,U1,D1 (C,E,G,E)-- U2,U1,D2 (C,E,G,D)

U2,U2,U1(C,E,A,+C)-- U2,U2,U2 (C,E,A,+D)-- U2,U2,D1 (C,E,A,G)-- U2,U2,D2 (C,E,A,E)

U2,D1,U1(C,E,D,E)-- U2,D1,U2 (C,E,D,G)-- U2,D1,D1 (C,E,D,C)-- U2,D1,D2 (C,E,D,-A)

U2,D2,U1(C,E,C,D)-- U2,D2,U2 (C,E,C,E)-- U2,D2,D1 (C,E,C,-A)-- U2,D2,D2 (C,E,C,-G)


最初がD1
D1,U1,U1(C,-A,C,D)-- D1,U1,U2 (C,-A,C,E)-- D1,U1,D1 (C,-A,C,-A)-- D1,U1,D2 (C,-A,C,-G)

D1,U2,U1(C,-A,D,E)-- D1,U2,U2 (C,-A,D,G)-- D1,U2,D1 (C,-A,D,C)-- D1,U2,D2 (C,-A,D,-A)

D1,D1,U1(C,-A,-G,-A)-- D1,D1,U2 (C,-A,-G,C)-- D1,D1,D1 (C,-A,-G,-E)-- D1,D1,D2 (C,-A,-G,-D)

D1,D2,U1(C,-A,-E,-G)-- D1,D2,U2 (C,-A,-E,-A)-- D1,D2,D1 (C,-A,-E,-D)-- D1,D2,D2 (C,-A,-E,-C)


最初がD2
D2,U1,U1(C,-G,-A,C)-- D2,U1,U2 (C,-G,-A,D)-- D2,U1,D1 (C,-G,-A,-G)-- D2,U1,D2 (C,-G,-A,-E)

D2,U2,U1(C,-G,C,D)-- D2,U2,U2 (C,-G,C,E)-- D2,U2,D1 (C,-G,C,-A)-- D2,U2,D2 (C,-G,C,-G)

D2,D1,U1(C,-G,-E,-G)-- D2,D1,U2 (C,-G,-E,-A)-- D2,D1,D1 (C,-G,-E,-D)-- D2,D1,D2 (C,-G,-E,-C)

D2,D2,U1(C,-G,-D,-E)-- D2,D2,U2 (C,-G,-D,-G)-- D2,D2,D1 (C,-G,-D,-C)-- D2,D2,D2 (C,-G,-D,-2A)


これもCからスタートさせるだけではなく、D,E,G,Aからも始める。

インサイド、アウトサイト

例えばコードCM7でインサイドとして使用できるペンタトニックは C、D、Gのそれそれのメジャーペンタトニックである。
それ以外の9種類でメジャーペンタトニックを使用すればアウトサイドなフレーズを 作ることができる。
インサイドからアウトサイドに並べると

その他のペンタトニック

その他にも色々なペンタトニックスケールがある。
これらのスケールも同じ様にフレーズ展開が可能。
home