数字を使ったシステムで考える。

数字を使ったシステムとは

C,Dなどの音程名を使用するかわり、1、b3などの数字を使用して表記する。

コードおよびボイシング

例えばCM7のコードを表わすとき、

1-3-5-7

と標記する。これはDM7であってもEM7であっても同じである。
またCm7のコードは下記の様に表わす。

1-b3-5-b7

いくつかの例:
テンションコードの場合、C7(#11)

1-3-5-b7-#11

等で表わす。
また、展開形やテンション音が内声に有る場合は
C7第一転回系

3-5-b7-1

C9(ナインスが内声に有る場合)

1-9-3-5-b7 あるいは 1-2-3-5-b7

ボイシングをこのシステムを使用すると、

b3-5-b7-9 (Dm9ルートなしのAフォーム)

b7-9-b3-5 (Dm9ルートなしのBフォーム)

スケール

またスケールにも使用できる。
メジャースケールは

1-2-3-4-5-6-7-1

メロディックマイナースケールは

1-2-b3-4-5-6-7-1

リディアンスケールは

1-2-3-#4-5-6-7-1

等で表わす。

下記表は全キーの各数字システムの対応表である。
1 b2,#1,b9 2,9 b3,#2,#9 3 4,11 #4,b5,#11 5 b6,#5,b13 6,13 b7,#6 7
C C C# D Eb E F F# G Ab A Bb B
C#,(Db) C# D Eb E F F# G Ab A Bb B C
D D Eb E F F# G Ab A Bb B C C#
Eb,(D#) Eb E F F# G Ab A Bb B C C# D
E E F F# G Ab A Bb B C C# D Eb
F F F# G Ab A Bb B C Db D Eb E
F#,(Gb) F# G Ab A Bb B C C# D Eb E F
G G Ab A Bb B C C# D Eb E F F#
Ab,(G#) Ab A Bb B C Db D Eb E F F# G
A A Bb B C C# D Eb E F F# G Ab
Bb,(A#) Bb B C C# D Eb E F F# G Ab A
B B C C# D Eb E F F# G Ab A Bb
home