中心軸システム

中心軸システムとは


五度圏の反対側と90度のところをルートとするコードは同じ機能であるとする考え方。

C、Eb、F#、Aはそれそれ同じ機能
F、Ab、B、Dはそれそれ同じ機能
G、Bb、E、Dbはそれそれ同じ機能
*ここでの機能とはドミナント、サブドミナント、トニックのことである。

キーがCのとき左からトニック(T)、サブドミナント(SD)、ドミナント(D)


例えば、C-Eb-F-Bbというコード進行があった場合、T-T-SD-Dという機能の進行になる。

コルトレーンチェンジを中心軸システムで考える。

コルトレーンチェンジと言われる、長3度づつ下降するコード進行がある。

|C |Ab |E |C |

これを中心軸システムとして考えると。
トニック、サブドミナント、ドミナント、トニックという機能の進行になる。
また上記のコードにドミナントモーションを加えたコード進行を

|C Eb7|Ab B7|E G7|C |

中心軸システムで考えると、Eb7はトニック、B7はサブドミナント、G7はドミナントになり。
トニック、トニック、サブドミナント、サブドミナント、ドミナント、ドミナント、トニックという機能の進行になる。

home